加藤苑 EN KATO # Official Website / ART WORKS③ 想像妊娠シリーズ

制作を序除に主観的な視点へと移行させた2008~2009年の作品。
“想像妊娠”、非物質的・不視覚的なものが表出してしまうこの現象は、創作活動とも類似したところが在るように感じる。

少子化も含め、社会の中での女性の現状を指摘する面もあるが、ジェンダー論としてではなく、当時全く別の仕事を持ちながら作家としての自立を目指していた1人間の主観的な立場から、この自由な国で生きる人の矛盾と空虚を表現した。

「Calendar-Month×12-〔Ⅲ〕」では、実験的ではあるが、このテーマに以前からの“手の殻”の要素を再度画面に取り入れ、新たな「カレンダー」シリーズとしている。
それぞれ、作品の中に30個か31個、若しくは28個の“手の殻”が入っている。

素材は木製パネルに麻紙、アクリル絵具、水晶末、油性ペン、雁皮紙など。一部作品に、岩絵具、金箔、銀箔、装飾用和紙、紫朱、黒朱など。
“想像妊娠”なんて重すぎるテーマだと感じる方もいるかもしれないが、戦争など人の生死を題材とした作品が多い中、特別重いテーマとは私は思っていない。

▼ 画像をクリックすると拡大表示されます。

加藤苑-a.jpg

「Calendar -Month×12-〔Ⅲ〕」 F10×12点

3-month-a.jpg

*

3-month-e.jpg

*

3-Month-I.jpg
3-Month-b.jpg3-Month-F.jpg3-Month-J.jpg
3-month-c.jpg3-Month-G.jpg3-Month-K.jpg
3-month-d.jpg3-Month-H.jpg3-Month-L.jpg

無自覚な対話 350dpi.jpg

IMG_0014.JPG
IMG_0032-a.jpgIMG_0030-a.jpg
IMG_0007-a.jpgIMG_0012-a.jpg
IMG_0019-a.jpgIMG_0026-a.jpg

IMG_0202-a.jpg

IMG_01990-a.jpg

IMG_0206-a.jpg
IMG_0161-a.jpgIMG_0169-a350.jpgIMG_0183-a-350dpi.jpg


偽装 4.jpg偽装 4.jpg